※当サイトではアフェリエイト広告またはプロモーションを含みます

CB125Rが不人気は本当?売れていない理由と買って後悔する人は?

ツーリング

こんにちは、とっちゃんです。

CB125Rの購入を考えているんだけど、不人気な理由はなんでかな?

CB125Rの購入を検討されている方は、検索すると不人気というキーワードが出てきて、心配になりますよね。

結論として売れていないのは事実ですが、ただCB125Rは125ccでは、最高クラスの性能と装備を誇る魅力的なバイクです。

この記事ではCB125Rが不人気の理由から、CB125Rの魅力まで解説していきます。

CB125Rが購入候補に挙がっている方は読んでみて下さい。

スポンサーリンク

CB125R不人気な理由

ユーザーの声やインプレを元に不人気に至る理由を、CB125Rの悪い所を元に解説していきます。

価格が高い

CB125Rはホンダ125ccラインナップの中では、最も価格設定が高いモデルです。他の車両と比較してみましょう。

モデル名 CB125R ハンターカブ グロム
本体価格 473.000円 440.000円 390.500円

ハンターカブやグロムは空冷4ストロークエンジン、CB125Rは水冷4ストロークエンジンです。

装備から考慮すると、足回りが一番豪華なCB125Rはそこまで高くないのかなと言う印象があります。

価格だけ見れば高いと感じますが、中身を見ればお得なバイクではないかと思いますし、よりハンターカブ高い・・・と感じます。

足付き

ユーザーの方が口をそろえて言うのが、足付きの悪さです。CB125Rの足つきはシート高815mmと決して足つきが良いとは言えません。

ただ車重が130kgと軽量なため、ユーザーの多くは問題ないと言う方が多かったです。

足付きが良くて重たい車両か、足付きが悪くて軽い車両、どちらがシックリくるかは、試乗して体感して頂いた方が良いと思います。

ギア抜けの噂

引用元:Honda

一部の個体にはギア向けと言う現象が起きるようです。ただこちらについては個体差があることと、リコールとして発表されていません。

「丁寧なギアチェンジを心掛けています」というユーザーが多く、症状がたまに出る方とほとんど出ない方がいます。

また情報としてはマイナーチェンジ前(JC79)の車両が多かった印象です。2021年からは新型のエンジンを採用しており、JC91では情報はありませんでした。

気になる方で中古車を検討の方は、年式に注意したほうが良いと思います。

他の排気量を選ぶ人が多い

自動二輪免許を取得した方は、250ccや400ccを選択する方が多いことも原因だと思います。

125ccクラスはスクーターや、カブシリーズが人気で、CB125Rの存在感は少し薄い印象です。

特に250ccは人気の排気区分で、多くの方が250ccに流れるのではないかと思います。

CB125R不人気でも存在意義がある

世界規模で見てみると・・・

世界規模でみると125ccはとても熱い市場です。メインはインドですが、各国のバイクメーカーが125ccのスポーツバイクを販売しています。

各メーカーが注力している排気区分に、世界一のホンダが参入しない訳ありませんし、市場としては世界の方が大きく、例え日本で売れなくても開発を続ける意味はあると思います。

CB125Rは世界市場を視野に入れたラインナップと言っても良いでしょう。

免許制度が改正されれば化ける

世界市場では重要な存在と書かせて頂きましたが、国内でもCB125Rが注目されるときが来ると思います。

それは巷で噂されている、免許制度の改正です。現在は自動二輪免許がない方は、原付二種の免許がなければ乗れませんが、仮に普通免許でCB125Rが乗れるなら、話が変わってきます。

自動二輪免許がなくても本格的な、CB125Rのようなバイクに乗れるのであれば、需要は高まるはずです。

普通免許を取得する方は殆どだと思います、ただバイクに乗ってみたくても、自動二輪免許取得には足踏みしてしまう方も多く、時間や費用も掛かります。

オートバイの開発は5年は掛かると言われています、ブームが来てからでは開発が間に合わないでしょう。

先を見据えてそういった層を抱え込める込めるように、国内メーカーも125ccスポーツバイクを作り続けているのかもしれません。

CB125Rの良い所を見れば不人気なんて関係ない

ここからはCB125Rの魅力ついて解説していきましょう。

エンジン性能の高さ

引用元:Honda

CB125Rの魅力の一つとしてエンジン性能の高さです。

125ccにもかかわらず、15馬力のエンジン性能を誇ります。15馬力の出力を発揮できるのはCB125RとGSX-R/S125しかありません。

3車ともスペックはほぼ変わりませんが、CB125Rは燃費が勝っています。125ccスポーツバイクでは性能、燃費はトップと言っても過言ではないでしょう。

デザイン

引用元:Honda

見た目がカッコいいというユーザーが多く、ネイキッド形状のバイクらしいデザインで、125ccとは思えない外観です。

それもそのはずCB125RはCB250Rより少し大きく、車体としては250ccと変わりません。

125ccはコンパクトなモデルが多く、見た目の所有感としても高いバイクです。

豪華な足回り

引用元:Honda

CB125Rにはオーバースペックと言われているほど、足回りが豪華です。

フロントはショーワ製SFF-BP倒立フロントフォーク、軽量アルミホイール、ラジアルタイヤで操作感は抜群です。

またブレーキはφ296mmのウェーブ形状ディスクと、対向4ポッドラジアルマウントキャリパーを装備、リアにはφ220mmのディスクを採用。

さらIMU(車体姿勢推定システム)付ABSを装備されています。もはや125ccの足回りではないですね、制動力も高く、操作性に妥協がない車両です。

お尻が痛くならない

引用元:Honda

CB250Rはシートが固いといった声が多かったですが、CB125Rはお尻が痛くならないという意見が多かったです。

幅広なシートと、お尻が設置する面積が多いことも理由だと思います。

125ccでお尻が痛くならないという車種はほとんどなく、長距離のツーリングでも安心です。

CB125Rを買って後悔する人

  • 自動二輪免許を持っていて、スピードやパワーを求める方
  • コスパを求める方
  • 足付き

スピードや馬力を求める方は125ccを選択するべきではないと思います。125ccの中では最高クラスですが、パワー不足に感じることもあるかもしれません。

パワーを求める方は、250ccクラスか400ccクラスを検討した方が良いでしょう。

またGSX-R125と比べると、本体価格は高く、コスパを求めるならスズキ車が良いと思いますし、足付きもスズキ車の方が良いです。

CB125Rを買って後悔しない人

引用元:Honda

  • 自動二輪は持っていないが、原付二種は持っている方
  • 125ccで最高クラスのバイクが欲しい方
  • 通勤通学で使用される方
  • ジャンル違いの2台目

原付二種の中で選択するなら最高峰の性能を誇るバイクです。性能が高いバイクが欲しい方には良いと思います。

通勤通学にも燃費が良く、125ccには見えないデザインで、250ccよりは維持費としても安いため、費用もかさみません。

また2台目としても面白いバイクです。

例えば普段は250~400ccまたは大型アメリカンバイクに乗っている方で、バイクの操作性を楽しみたいという方には、豪華な足回りと軽量ボディで、峠道でのライディングも楽しめると思います。

CB125R不人気まとめ

CB125Rは販売台数としては売れていません、ただ性能やデザインとしても魅力があるバイクです。

購入候補に挙がっている方は、レンタルや試乗などから試してみて下さい。

CB125Rは2時間2500円、4時間4000円、8時間5000円~で比較的安くレンタル出来ます。気になった方はホンダレンタルバイクを利用してみましょう。

CB125RのレンタルならHondaGO BIKE RENTAL | バイク詳細
...

最後までお読みいただきありがとうございました。

目次に戻る☆

タイトルとURLをコピーしました