※当サイトではアフェリエイト広告またはプロモーションを含みます

【2024年版】バイク防寒パンツ最強は?おすすめモデル10選

ウェアとグッズ

こんにちは、とっちゃんです。

足が寒くてたまらない、最強に暖かい防寒パンツはないかな?

バイクの防寒パンツは主に3種類、単体で使用する防寒パンツと、インナー付きパンツ、パンツの上に履くオーバーパンツがあります。

結論として2023-2024年最強モデルは

  • 防寒パンツ単体ではラフアンドロード、RR7719LF
  • インナー付き防寒パンツはクシタニ、アロフトパンツ
  • オーバーパンツ最強はコミネ、PK-916

しかし性能が高い分価格は高くなり、他のモデルも検討したいところです。

この記事では冬のバイクに使用する最強の防寒パンツの種類から、組み合わせまでおすすめの防寒パンツを比較して解説していきます。

最強クラスに暖かいバイク用防寒パンツをお探しの方は読んでみて下さい。

バイク防寒ジャケット最強の決め手は?アウターとインナーで決まる!

スポンサーリンク

防寒パンツの種類

防寒パンツ単体

中綿入りの防寒パンツ。主に早春、晩秋、冬に活躍します。防水、透湿性を持たせたものや、防風性の高いモデルばかりです。

気温が高くなると、ベンチレーションがないと暑くなります。

メリット デメリット
比較的安い 真冬はきつい商品もある
動きやすい ベンチレーションがない

防寒パンツインナー付き

防寒パンツにインナーパンツが付属したモデルです。3シーズン用やオールシーズンモデルはインナーが付属します。

真冬ではインナーパンツが非常に活躍し、インナーを履かなければ単体として使用できます。

価格としては一番高いですが、もっとも長いシーズン使用できるモデルです。

メリット デメリット
長いシーズン使用できる 価格が高い
真冬にも使用できる 動きにくい

保温インナータイツ

素肌の上に着用する保温インナータイツです。

単体の防寒パンツの下や、真冬の極寒の地に旅立つ際には欠かせません。

ユニクロのヒートテックやバイク専用で使用するのであれば、登山用やスポーツ用の方が高性能です。

オーバーパンツ

パンツを覆うように履くオーバーパンツ。

サイドのジッパーでフルオープンにでき、ブーツを脱がずに装着できます。必要な時だけ取り付けでき乗車後の動きやすさでは一番です。

メリット デメリット
価格が安い 脱ぎ履きが面倒
脱着ができる 種類が少ない

最強の防寒パンツの組み合わせは?

一番暖かい組み合わせは?

一番暖かいのは①②③の組み合わせ、または④①③になります。

ジャケットとの組み合わせもありますので、②は買い足すことも可能ですし、冬用モデルは①単体でも十分暖かいです。

町乗りや短距離でのツーリングでは①③でも十分でしょう。

ジャケット同様に重ね着を意識して下さい。

意外に便利なオーバーパンツ

ツーリング先や観光で歩き回ったりする場合は、上記で説明した①②③では歩き回ると熱くなってしまいます。

そのような時は、取り外しできるオーバーパンツが便利です。

巻き付けタイプや、サイドのジッパーを開閉して靴を脱がずに脱着出来ます。

価格帯も5.000円~1万円前後ですので費用対効果も高いでしょう。通勤でバイクを使用している方にもおすすめです。

単体で最強の防寒パンツおすすめ

ラフアンドロード RR7723LF

引用元:ラフアンドロード

サイズ 5
カラー 2色
防水
透湿
中綿 プリマロフト
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 23.500円

ラフアンドロードのRR7723は、防水透湿素材デュアルテックス、中綿にはプリマロフトを使用しています。

ヘリボーン素材でカジュアルな見た目も特徴、シンプルなデザインですのでどんなブランドのジャケットとも合わせることが可能です。

ロングブーツに合わせたショートタイプの設定もあります。

サイズ表はこちら☆(こちらのモデルはルーズフィットです)

ラフアンドロード RR7719LF

引用元:ラフアンドロード

サイズ 5
カラー ブラック
防水 20.000mm以上
透湿
25.000g/㎡/24hrs
中綿 プリマロフト
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 35.000円

ラフアンドロードのウインターパンツRR7719LF。

防水透湿素材ウォーターシールド使用の高性能の防寒パンツ、中綿にはダウンの8倍暖かいプリマロフトを採用し、単体でも極寒仕様となっています。

腰の部分には取り外し可能なウインドガードが付属、ポケットが数多くあることも魅力で、オーバーパンツとして使用すれば、向かうところ敵なしです。

サイズ表はこちら☆(こちらのモデルはルーズフィットです)

RSタイチ RSY-270

サイズ 8
カラー 4色
防水 10.000mm以上
透湿 10.000g/㎡/24hrs
中綿
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 24.000円~

RSタイチのドライマスターコンパスパンツRSY-270。

全天候型のアベンチャーコンセプトパンツ、中綿は使用していませんが、インナーを使用すれば真冬でも快適に走行できます。

大型のベンチレーションとリフレクター等、高機能なモデルです。

パワーエイジ PP-23231/23232

ソフトフィット ウォータープルーフウォーム

引用元:パワーエイジ

  PP-23231 PP-23232
サイズ 4 4
カラー 4 5
防水防風 15.000mm以上 10.000mm以上
透湿 10.000g/㎡/24hrs 10.000g/㎡/24hrs
中綿
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 24.800円 21.000円

パワーエイジの防寒パンツ、ソフトフィットとウォータープルーフは例年の人気モデルで本年新色を追加しています。

基本的な機能は変わらず、ソフトフィットパンツの方が耐水圧が高くなっており、実売価格は3.000円程の差です。

中綿入りの裏地で保温性も高く、内股には耐熱補強され、縫い目にはシムテープでの防水処理もされています。

暖かさ+スタイリッシュなモデルです。

サイズ表はこちら☆

単体で最強の防寒パンツ比較

メーカー ラフアンドロード RSタイチ パワーエイジ
イメージ
モデル RR7723 RR7719 RSY-270 PP-23231 PP-23232
サイズ 5 5 8 4 4
カラー 2 1 4 5
防水 20.000mm以上 10.000mm以上 15.000mm以上 10.000mm以上
透湿
25.000g/㎡/24h 10.000g/㎡/24h 10.000g/㎡/24h 10.000g/㎡/24h
中綿 プリマロフト プリマロフト
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 23.500円 35.000円 24.000円 24.800円 21.000円

スペックだけで考慮するとラフアンドロードのRR7719単体では最強です。

ラフアンドロードの新作RR7723やパワーエイジのウォータープルーフなどは2万円前後、RSタイチは中綿入りではありませんが、インナーパンツを別途購入(ワークマンなど)すれば、長い季節使用できるでしょう。

冬季の平均気温10℃前後の平野部であればどのモデルも十分な性能です。

インナーパンツ付きのモデルはコミネ以外は良い値段がしますので、安い中綿インナーパンツを買い足し着込むことで、最強クラスの保温性を発揮できます。

最強のインナー付き防寒パンツ

コミネ PK-9151/9141

PK-9151 PK-9141
マーキュリー ゲルマニア

引用元:コミネ

 品番 PK-9151 PK-9141
サイズ 14 17
カラー 1 1
防水
透湿
中綿
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 14.200円 15.300円

コミネのインナー付き防寒パンツ、コスパは最強。機能としてはゲルマニアの方が充実していますが、外観としてはマーキュリーの方がシンプルです。

ゲルマニアの方が圧倒的に売れています、コミネさを出したくない方はマーキュリーもおすすめ。

冬季のみならず3シーズン使用できます。旧モデルはPK914、新しいモデルはPK-9141ですのでご注意ください。

ラフアンドロード RR7108

品番 RR7108
サイズ 6
カラー 2
防水防風
透湿
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 29.700円~

ラフアンドロードのオールシーズンモデルRR7108。

防水透湿素材デュアルテックス採用、インナーパンツ付きモデル。オールシーズン使用できます。

引用元:ラフアンドロード

RR7719同様、ポケットが多数設置されていることも魅力で、足元からの冷気もしっかり遮断してくれます。

サイズ表はこちら☆

クシタニ アロフトパンツ

引用元:クシタニ

 品番 K-2831
サイズ 5
カラー 3
防水 30.000mm以上
透湿 17.000g/㎡/24hrs
中綿
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 47.300円

クシタニのアロフトパンツ、ゴアテックスを採用していないモデルとしては最強の性能を誇ります。

プロテクターは腰/膝に搭載、フロントはダブルフリップで高い防風性能、ストームガードも搭載されています。

価格は高くなりますが、ゴアテックス素材と遜色ない高性能なモデルです。

サイズチャートはこちら☆

K-2831 アロフトパンツ クシタニ|KUSHITANI JAPAN
バイク用品の製造と販売をしております。ツーリングに最適な防寒防水ライディングパンツ。バイクを楽しむ全ての人達に安全の世界を。

インナー付きの防寒パンツ比較

モデル一覧長

メーカー コミネ コミネ ラフアンド

ロード

クシタニ
イメージ
 品番 PK-9151 PK-9141 RR7108 K-2831
サイズ 14 17 6 5
カラー 1 1 2 3
防水 30.000mm以上
透湿 17.000g/㎡/24hrs
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 14.200円 15.300円 29.700円 47.300円

最強はクシタニのアロフトパンツ、クシタニ以上のスペックを求めるとゴアテックス採用モデルがあるダイネーゼやレブイットあたりを検討して下さい。

しかし6万円から10万円近くになり、性能は高くてもお財布には大打撃です。

価格はコミネが最強、インナー付きで2万円以下ではどのメーカーも太刀打ちできないでしょう。コミネのロゴが気になる方はマーキュリーであれば目立ちにくくなっています。

クシタニ以外は3シーズンモデルとなり、長い季節使用できます。

単体モデルとインナー付き防寒パンツ比較

メーカー ラフアンドロード RSタイチ パワーエイジ コミネ コミネ ラフアンドロード クシタニ
イメージ
モデル RR7723 RR7719 RSY-270 PP-23231 PP-23232 PK-9151 PK-9141 RR7108 K-2831
サイズ 5 5 8 4 4 14 17 6 5
カラー 2 1 4 5 1 1 2 3
防水 20.000mm以上 10.000mm以上 15.000mm以上 10.000mm以上 30.000mm以上
透湿
25.000g/㎡/24h 10.000g/㎡/24h 10.000g/㎡/24h 10.000g/㎡/24h 17.000g/㎡/24h
中綿 プリマロフト プリマロフト
ベンチレーション
インナー
プロテクター
価格 23.500円 35.000円 24.000円 24.800円 21.000円 14.200円 15.300円 29.700円 47.300円

コスパ最強コミネ、インナー付きで2万円を切る価格です。

暖かさをスペックで決めるとすれば、クシタニのアロフトパンツ、ラフアンドロードのRR7719やRR7108。

最強クラスの保温性を求めるのであれば3万円以上、2万円前後で最強を決めるとすれば、ラフアンドロードのRR7723またはパワーエイジのPP-23231がスペックとしては高くなっています。

2万円前後のモデルをオーバーパンツとして使用すれば、ハイスペックなモデルにも引けを取らないモデルとなります、アジャスターで調整は出来ますが、少し大きめを選んでおくと良いでしょう。

気になったモデルはチェックしてみて下さい。

目次に戻る☆

オーバーパンツで最強クラスの保温性

コミネ PK916

引用元:コミネ

 品番 PK-916
サイズ 9
カラー 1
防水 20.000mm以上
透湿 8.500g/㎡/24h
プロテクター
価格 9.800円

コミネの防水透湿素材ブレスター採用のオーバーパンツ、サイドジッパー開閉で装着できます。

膝のみプロテクターを採用、インナーに保温性が高いストレッチ素材のパンツを履けば冬モデルと大差ない保温性を誇ります。

ラフアンドロード RR7729

 品番 RR7729
サイズ 9
カラー 1
防水
透湿
プロテクター
価格 10.200円

ラフアンドロードのRR7729。

コンパクトに収納できる点と、ブーツを履いたままでも脱ぎ履き出来るフルオープン型のオーバーパンツです。

プロテクターは装着できませんが、ツーリング先での収納や通勤時にも役立ちます。

サイズ表はこちら☆

RR7729をAmazonで見る☆

ラフアンドロード RR7700

 品番 RR7700
サイズ 7
カラー 1
防水
透湿
プロテクター
価格 7.000円

ラフアンドロードのオーバーパンツRR7700。

必要最低限の防風効果を求めるには最適なモデル、ラップをするようにマジックテープで巻き付けるタイプでお尻は出ますのでご注意ください。

通勤ユーザーからは好評で価格帯も安く、付属のロープでコンパクトに収納できる点も魅力です。

オーバーパンツ比較

メーカー コミネ ラフアンドロード
イメージ
 品番 PK-916 RR7729 RR7700
サイズ 9 9 7
カラー 1 1 1
防水 20.000mm以上
透湿 8.500g/㎡/24h
開閉 サイド サイド 巻き付け
フルオープン
プロテクター
価格 9.800円 10.200円 7.000円
性能はコミネが一番です。インナーに保温性の高い起き毛タイプのパンツを履けば、冬用とも遜色ありません。
ラフアンドロードはコンパクトに収まるのが魅力で、通勤で使用される方にはピッタリです。
種類は少なくなってきましたが、脱ぎ履きの手間はあるにせよツーリング先での時間が長い場合、身軽に動ける点がオーバーパンツの魅力でしょう。
メットインスペースに収納しておくことで朝晩の冷え込みに対応できます、通勤スクーターユーザーにもおすすめです。

保温性能が最強インナーパンツ

ラフアンドロード RR7993

インナーパンツを買い足すならこちらのモデルが最強です。

ナノチタニウム加工の裏生地と中綿にはプリマロフトを使用した最上級の保温性、防風加工もされています。

インナーパンツにプリマロフトを採用しているモデルは現在ないため、極寒の地へ旅立つ際は心強いアイテムです。

保温インナータイツ

モンベルジオラインEXPタイツ

厳寒地での着用を前提とした保温性重視モデル。伸縮性がありフィット感も抜群、運動する際には向かないくらいの保温性能です。

Amazonなどでは割高な傾向があるため、モンベル公式や用品店で購入しましょう。

【モンベル】スーパーメリノウール M.W. タイツ Men's
着た瞬間から暖かい、天然の吸湿発熱素材ウールを使用した中厚手のタイツです。優れた保温性とストレッチ性を備え、日常からスノースポーツまで幅広いシーンで活躍します。

ミズノ プレスサーモ EXプラスインナー

ミズノのプレスサーモシリーズのアップグレード版EXプラス。
通常のウェアの約3倍の原綿保有量を有しています、保温性の高さから、寒冷地の方にもたくさんの支持を得ています。
6.000円前後で購入できる性能が高いモデルです。

最強の防寒パンツまとめ

防寒パンツもジャケット同様に重ね着をすれば、最強クラスの暖かさを保てます。

冬はジャケットの方に気が取られがちですが、防寒パンツもしっかり整えて冬のバイクも楽しみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

最強のバイクグローブはこちら↓

【2024年版】バイクグローブ冬用の最強は?おすすめから見た現実

タイトルとURLをコピーしました