※当サイトではアフェリエイト広告またはプロモーションを含みます

【2023年版】レブル250サイドバッグ20選比較!汎用からパニアまで

カスタムパーツ

こんにちは、とっちゃんです。

レブル250にサイドバッグを付けたいんだ、おすすめを教えてくれる?

レブル250にはサイドバッグが似合いますよね。ただサイドバッグ選びは、車体のイメージを大きく変えてしまうため、選ぶのが難しいですよね。

レブル250では汎用のサイドバッグから、パニアタイプまで幅広く装着できます。

この記事ではレブル250に装着可能なサイドバッグを、サポートから容量についてや、分かりにくい専用のフィッティングまで、おすすめ商品を比較して解説していきます。

レブル250にサイドバッグの取り付けを考えている方は読んでみて下さい。

レブル250ハンドル交換おすすめ10選!ちょっと手前やアップハンドルまで

スポンサーリンク

レブル250サイドバッグの種類

装着方法の種類​

汎用バッグ片側 汎用バッグ両側
パニアタイプ(ソフト) パニアタイプ(ハード)

装着の種類としては。

  • 汎用バッグ(片側/両側)+汎用バッグサポート
  • 純正バッグ+純正バッグサポート(片側/両側)
  • パニアタイプ+専用フィッティング(両側)

レブル250では汎用バッグでの組み合わせを選んでいる方が多い印象です。

それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

サイドバッグによるメリットデメリット

汎用サイドバッグ

メリット デメリット
価格が安い 脱着がしにくい
バッグの種類が豊富 持ち運びが不便

汎用は安く購入できる分、経年劣化で汚れた際やイメージチェンジの際には気軽に交換することが出来ます。

その反面取り付けには、バッグサポートにしっかり固定する必要があるため、脱着がしにくく、持ち運ぶ際はひと手間かかります。

純正サイドバッグ

メリット デメリット
ワンタッチで脱着 価格が高い
パニアよりは安い デザインが選べない

レブル250の純正サイドバッグはワンタッチで脱着が可能ですし、ショルダーも付属しているため、持ち運びも楽々です。

またパニアタイプと違い、片側のみを選択できる点もメリットで、価格としても安く購入できます。

ただ汎用と比較すると価格は上がりますし、デザインが選べない点は考慮すべきでしょう。

パニアタイプ

メリット デメリット
ワンタッチで脱着 価格が高い
高級感 左右セット

パニアタイプはキーにてワンタッチで脱着できる点と、汎用とは違う高級感が魅力です。

価格は最も高くなりますが、汎用で本革製のサイドバッグを、両サイド取り付けを行うと価格差は少なくなります。

ただ両側セットなため、片側のみ取り付けたい方には合わない商品です。

サイドバッグ素材の種類

本革/合成皮革 ナイロン
ワックスコットン ターポリン

アメリカンに良く似合うのは、本革のサイドバッグと言われますが、レブル250は何でも似合います。

本革製の特徴は質感と高級感はありますが、お手入れと価格がネックです。価格を抑えたいのであれば合成皮革のサイドバッグが良いと思います。

ビンテージ感が出るサイドバッグはワックスコットンで作られている商品で、クラシック感を出すにはよく似合うと思います。

実用性が高いのは、レインカバーが必要ない、防水性の高いターポリン素材や、ナイロン製も良いですね。

装着例が一番多いのは合成皮革のサイドバッグですが、カスタムの仕様に合わせて選択するのも良いと思います。

レブル250サイドバッグサポートの種類

人気バッグサポート一覧

メーカー デイトナ Kemimoto キジマ ワールド

ウォーク

イメージ
左側 8.700円 4.800円 4.900円 5.500円
右側 8.200円 4.800円 共通
左右合計 16.900円 9.600円 7.900円 11.000円

※画像リンク

発売当初はデイトナが売れていましたが、現在一番の売れ筋はkemimoto製のバッグサポート。デイトナと同形状で、価格としても抑えられています。

左右セットではキジマ製が最も安くなり、ワールドウォークはメッキも選択できます。

バッグが固定できれば、どんなメーカーでも問題ありません。バッグを固定しやすいのは上部に取っ手があるデイトナやkemimoto、同形状ですので予算に合わせて選択して下さい。

レブル250サイドバッグ容量の目安

容量別のおおよそ目安は?

  • 10L以下・・・近距離ツーリング
  • 10~15L・・・一泊程度のツーリング
  • 16L~20L以上・・・ロングツーリングにおすすめ

参照元:DEGNER

サイドバッグは片側最大20L程です。

一番多いシチュエーションを考えると、ユーザーに合った容量が分かると思います。

余裕を持たせるため、少し大きいサイズにしてもいいでしょう。実際の取り付けイメージを確認してみましょう。

9L 10L
15L 22L

マフラー側はどのメーカーも、9L前後の設定です。

汎用で選ぶ際は9L以下を選択しましょう。ただ社外マフラーの場合は若干アップ形状だと、干渉する恐れもありますので注意して下さい。

レブル250では15L前後が一番好まれる容量です。20Lクラスになると上記の画像はレブル1100ですが、かなりバッグが主張してしまいます。

容量は他に確保できますので、15L前後がおすすめです。

レブル250サイドバッグおすすめ 汎用

kemimoto

素材 合成皮革
容量(L) 9/10/15
防水 撥水
カラー ブラック
参考価格 7.700円

Amazonでも人気のkemimoto製のサイドバッグ。価格も安くレブル250でも多くの方が、利用しています。

特徴は使いやすい容量選択と、撥水加工、またドリンクホルダーを付属した利便性です。

とりあえず安くて使い勝手が良いバッグが欲しい、という方にはもってこいの商品です。

あえて難点を上げるとしたら、留め金具がワンタッチではないため、若干開閉がしにくい点があります。

デイトナ ヘンリービギンズ DHSシリーズ

ラウンド10L 12L
12L(トラベ) 11L(右)
11L(左用) 12L(防水)
13L(タンデム対応) 18L/防水
22L 9L/防水

デイトナヘンリービギンズのDHSシリーズの合成皮革サイドバッグです。

防水性能があるのは3種類です。容量も9L~22Lまで選択できます。

おすすめは両サイドなら、12L防水+9L防水モデル、スマートな11L×2、片側のみはダイヤステッチなども良いですね。

カラーはブラック、ダイヤパターンの選択が可能です。ダイヤが選択できるのはこちらの容量です。

10L(ラウンド) 12L 12L(トラベ)

価格は1万円~となっており、タンデム対応の縦長モデルや、ユーザーによって幅広い選択ができます。

デザインによる価格差が大きいので価格表はこちら。

モデル 価格 サポート込み価格
ラウンド10L 15.000円 19.800円
12L 11.300円 16.100円
12L(トラベ) 15.900円 20.700円
11L(左用) 19.200円 24.000円
12L(防水) 14.600円 19.400円
13L(タンデム対応) 13.000円 17.800円
18L 13.100円 17.900円
18L防水
19.200円 24.000円
22L 13.900円 18.700円
11L(右)
19.200円 24.000円
9L 12.100円 16.900円
9L防水 15.500円 20.300円

※kemimoto製のバッグサポート込み価格、青色はマフラー側です。

片側最安値が12Lモデル、最高値になるのは11Lモデルです。11Lモデルを両側設置すると、48.000円と良い値段がしますね。

目次に戻る☆

デイトナヘンリービギンズ DHSシリーズ

素材 合成皮革
容量(L) 6/10/15
防水 防水
カラー ブラック/グリーン
参考価格 9.800円

デイトナのソフトバッグDHSシリーズ。

合成皮革とはまた違った印象で、幅広い選択ができ、コスパはこちらのモデルの方が高いです。

カラーはグリーンとブラック、おすすめは10Lの防水モデル、生地も分厚いため耐久性も高い仕様となっています。

サポートを含めても片側なら1.5万円ほどで収まります。防水性とデザインを両立させたい方にはいい商品です。

AMBOOT アンブート 

素材 合成皮革
容量(L) 9/10/15
防水
カラー 6色
参考価格 14.800円

カブなどのハンドルカバーで有名な大久保製作所のブランドAMBOOT(アンブート)。

モデルはマフラー側に設置できる9Lと、左側10L、左側可変式の15Lが選択できます。

9L
10L
10-15L

内ポケットは2か所、ベルトの金具はランドセルのようなひねり金具で、開閉もスムーズです。

定番モデルじゃ物足りない、派手に行きたい方にはおすすめです。純正色や好きなカラーを選択することが出来ます。

Amazonはこちら☆

楽天はこちら☆

ラフアンドロード RA1033

素材 合成皮革/ナイロン
容量(L) 9.5L
防水
カラー ブラック/カーキ
参考価格 12.000円

ラフアンドロードのRA1033。

バッグ天板のダイヤモンドステッチが特徴です。9.5Lで近距離ツーリングには最適な容量。

ブラックとコットンカーキのカラーがクラシック感を出してくれます。ショルダーベルトが付属している点も魅力です。

ラフアンドロード RA1037

素材 合成皮革/ナイロン
容量(L) 9.5
防水
カラー ブラック/オリーブ
参考価格 13.000円

ラフアンドロードのRA1037、AQA DAY。

こちらのサイドバッグは天板と開けるとロールトップになっています。

引用元:ラフアンドロード

インナー素材はターポリンになっていますので、防水性が高いモデルです。カラーはブラックとオリーブから選択できます。

合成皮革形状のサイドバッグで、高い防水性が欲しい方にはおすすめの商品です。

デイトナ商品と変わらない価格帯ですので、候補に入れても良いと思います。

デグナー SB60IN

 

素材 牛革
容量(L) 12
防水
カラー 2色
参考価格 40.000円

デグナーのSB60IN本革モデル。

バッグ形状が斜めになっており、バイクのシルエットを崩さない形状が特徴です。

他の商品と違い牛革のムラが元々あり、新品の状態でもクラシック感があります。

価格がネックでレブル250では、本革製品を選ぶ方は少数ですが、人とは被りたくない方やアメリカンテイストに仕上げたい方には似合うデザインばかりで、本革サイドバッグが欲しい方はデグナーのサイドバッグをチェックしてみましょう。

デグナーのサイドバッグはこちら☆

LONGRIDE ヘリテージ リッドフラップ 

素材 ワックスコットン
容量(L) 12.5L
防水
カラー 3色
参考価格 30.700円~

ロングライドのヘリテージリッドフラップ、ビンテージ感あふれるデザインと、ワックスコットンの質感は他のモデルにはない特徴です。

通常のバッグのように見えますが、サドル、サイドに対応できるようになっています。

またショルダーも付属しますので、携帯性にも優れています。

LONGRIDE ヘリテージ ロールトップ

素材 ワックスコットン
容量(L) 9.5L
防水
カラー 3色
参考価格 28.600円~

ロングライドのロールトップの商品です。

容量は高さ240mmにした場合のサイズで、多少前後します。

両サイド取り付けることも可能で、使い方次第では容量を多く確保できます。同形状の18Lにはブラックも選択可能です。

ロングライドにはシートバッグタイプも販売されています、シートバッグまで合わせたい方にはおすすめです。

ドッペルギャンガーDBT607

素材 ターポリン
容量(L) 14
防水
カラー 2色
参考価格 8.500円

アメリカンやクルーザー用に作られたドッペルギャンガーのサイドバッグ。

容量は14Lと20Lが選択できます。レブル250の場合は14Lをおすすめします。

カラーはブラックと、ストームカーキ、バッグサポート不要モデルですが、サポートはあった方がいいでしょう。

メンテナンスフリーのターポリン素材で、タフに使い倒したい人には良い商品です。

レブル250サイドバッグ 純正

素材 ナイロン
容量(L) 10/14
防水
カラー ブラック
参考価格 19.300円(左)

17.600円(右)

純正のサイドバッグは、SWモテック(アクティブ)が手掛ける商品です。

ワンタッチで取り外せる利便性と、ショルダーベルトによる携帯性に優れています。

ただ防水仕様ではないため、防水インナーバッグが付属します。

サポートは左右違いますので注意して下さい。

左側 右側
13.000円 13.000円

※画像リンク

サポートを含めた料金価格表はこちらです。

設置箇所 容量 サポート込み価格
左側 14L 32.300円
右側(マフラー側) 10L 30.600円
左右 24L 62.900円

汎用と比べると価格は高くなりますが、片側のみで持ち運びもしたい、という方には利便性が高い商品です。

レブル250サイドバッグ パニアタイプ

GIVI

ジビのサイドバッグホルダーTMT1160はMT501専用モデルで、バッグの選択肢はありません。

イタリアからの取り寄せのため、納期が掛かる点はご了承ください。

価格は高くなりますが、両サイドで36Lは確保できますので、おしゃれに容量を確保したい方には良いと思います。

フィッティング

TMT1160

MT501(片側18L)
20.500円 64.700円~

※画像リンク

バッグとフィッティングで、計84.000円~になります。

注意点としてバッグが販売店によって価格差がかなりある点です。

上記のリンクは執筆時の最安値の価格を掲載していますが、MT501に至っては8万円以上(定価72.600円)で販売されているところもありますので注意して下さい。

ペプコ&ベッカー

ペプコ&ベッカーは専用のフィッティングを装着すれば、7種類のサイドケースを選択することが出来ます。


HEPCO&BECKER サイドソフトケースホルダー(キャリア)「C-Bow」

価格は左右セットの33.600円。

※楽天画像リンク

C-BOWで装着できるケースは以下の種類から選択できます。

モデル デザイン 容量 価格 フィッティング込み※
Street NEO Premium 16L×2 39.600円 73.200円
Orbit 15L×2 61.600円 95.200円
ROYSTER 13L×2 46.200円 79.800円
STRAYKER 16L×2 122.100円 155.700円
RUGGED 21L×2 153.300円 186.900円
Buffalo 21L×2 170.000円 203.600円
Liberty 23L×2

28L×2

141.600円 175.200円

※画像リンク

青色のモデルは本革製品になります。お求めやすいのはStreetNEO、Orbit、ROYSTER

3種類ですと、汎用で本革製品のバッグを選ぶ場合や、純正との価格差は少なくなります。

パニアタイプは脱着が楽な点がメリットで、CーBOWのステーはバッグを搭載していなくても外観を損ねません。

デザインとしてはロイスター、ストリートネオ辺りが似合うのではないかと思います。

レブル250サイドバッグ比較

汎用サイドバッグ比較

メーカー kemimoto デイトナ アンブート ラフアンドロード デグナー ロングライド ドッペル

ギャンガー

モデル※1
素材 合成皮革 ナイロン 合成皮革 合成皮革/ナイロン 牛革 ワックス

コットン

ターポリン
容量(L) 9/10/15 9-22 6/10/15 9/10/15 9.5 12 9.5/12.5 14
防水※2 撥水 〇/× 防水
カラー ブラック ブラック 2色 6色 2色 2色 2色 3色 2色
参考価格 7.700円 11.300円~ 9.800円 14.800円 12.000円 13.000円 40.000円 28.600円~ 8.500円
片側※3 12.500円 16.100円 14.600円 19.600円 16.800円 17.800円 44.800円 33.400円 13.300円
両側※3 28.300円

(15+9L)

33.000円

(12+9L)

30.200円

(10+6L)

39.800円

(10+9L)

※1画像リンク※2 防水モデル以外はレインカバーが付属します。

※3 kemimoto製のバッグサポート込み価格。

デイトナの合成皮革バッグは、モデルによってはバッグのみで2万円近いため、片側2万円、両側4万円以上になる場合もあります。

そうなるとアンブートやラフアンドロードも、片側設置ならば、価格としては変わりません。

最もコスパが高いのはkemimoto製ですが、実用性を考慮するなら、デイトナのナイロン製やドッペルギャンガーも良いと思います。

本革やワックスコットンのサイドバッグは、両側設置で7万円~が相場です。予算やデザインも含めて検討してみて下さい。

気になった商品は画像をタップしてチェックしてみましょう。

続いてワンタッチで脱着できるタイプのサイドバッグを比較してみましょう。

パニアタイプ比較

メーカー 純正 GIVI ペプコ&ベッカー
モデル
素材 ナイロン
容量(L) 10/14 18×2 16L×2 15L×2 13L×2
サポート価格 13.000円

(片側)

20.500円 33.600円
参考価格 19.300円

(左)

17.600円

(右)

64.700円

(両側)

39.600円

(両側)

61.600円

(両側)

46.200円

(両側)

片側価格※ 32.300円
両側価格※ 62.900円 85.200円 73.200円 95.200円 79.800円

※専用サポート込み

片側を選択できるのは純正のみで、3万円前半が相場です。

汎用の片側で最安値13.000円前後の価格帯を考えると高く感じますが、本革に比べれば安く購入できます。

容量は確保しやすく、人とは違う高級バッグを欲しい方や、本革で両サイド設置を考えている方は、パニアタイプの方が安い場合があります。

総合比較

種類 片側最安値  片側最高値 両側最安値   両側最高値
汎用  12.500円~  45.000円~  28.300円~  7万円~
純正 32.300円  – 62.900円  –
パニア  –  – 73.200円 203.600円

※サポート込みの価格です。

最安値でも両側設置すると、3万円近くになります。普段は片側のみ、容量が欲しい場合は片側+シートバッグの方が容量も確保でき、コスパが高いと思います。

シートバッグは1万円前後で20L以上は確保できます、用途や頻度によってスタイルを決めましょう。

レブル250は国内ナンバー1と言っても過言ではぐらいの人気車種ですので、他のライダーと差別化したい方や、利便性も考慮したい方はパニアタイプも検討してみて下さい。

目次に戻る☆

レブル250サイドバッグおしゃれに決めたいなら?

フレームバッグ

メーカー デイトナ デグナー
イメージ※
容量 1L 1.2L
参考価格 9.400円 19.800円

※画像リンク

フレームに取り付けるフレームバッグ、容量は少ないですが、エンジンとフレームのすき間隠しや、車載工具収納、ETC入れにも役立ちます。

デイトナはフロント側、デグナーはシート下に配置されます。類似商品は多数販売されていますので、サイドバッグと共に印象が大きく変わる商品です。

サイドバッグ+αが欲しい方は、チェックしてみて下さい。

レブル250サイドバッグまとめ

どんなサイドバッグでも似合うレブル250ですが、デザインのみならずご自身のスタイルや用途に合わせて選んでみましょう。

積載が増えれば行動範囲も広がり、ツーリングがさらに楽しくなります。

サイドバッグを付けて仲間と楽しい時間を過ごしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【全40種以上】レブル250ヘルメットおすすめ比較!人気モデルは?

タイトルとURLをコピーしました